FESTA2015、緊張感満載の司会を振り返りながら、やっぱり感謝に尽きます

【10/3(sat)】この一年を象徴するかのような劇的なFESTAでした。司会の役回りを全うするために例年以上にコンテンツを読み込んだため、過去6回のFESTA経験で格段思いの深いものになりました。初の経験となる司会は、思いの外緊張感が高く、みなさまにも緊張の空気をお伝えしてしまった点、未熟さを痛感しています。それでも素晴らしいFESTAだったとのお褒めを多々いただきましたこと、司会をご一緒した橋本志穂さんはじめ、会場に世界中からお越しの1万人の皆さま、全世界のナチュラリープラス従業員の皆さん、設営や運営などにお力添えいただいたパートナー会社の皆さんなど、全ての方に深く感謝します。
















FESTAを終えて新横浜プリンスでのアフターパーティへ。500人のアフターって何?!(笑) カツサンドがめっちゃ美味しかったです!



アフターの後は、新横浜プリンスホテル最上の42階、地上150mのバーラウンジ、夜景の綺麗なTop of YOKOHAMAでしっぽり飲み進みました。司会、良かったですよと労いをいただきながら、「緊張してましたね」とのお言葉も。ピンでスピーチするパートは練習すれば大丈夫ですが、司会はお相手との掛け合いが練習し尽くせない。ちょっとぎくしゃくするとそれが緊張感を誘い、緊張した自分の表情がポディアムのモニターで見えたりするとさらに緊張が増幅する。でも終わってみれば、良い経験でしたという以外ありません。貴重な機会に感謝です。お開き後も別の一行の居酒屋に合流して、JAPANラグビーの熱戦見ながら我が身を振り返り呑み続けました.。