投稿

3月, 2012の投稿を表示しています

長男が一人暮らしするマンションに泊めてもらったっす

イメージ
3/30(fri)夕方、会社で仕事してましたら、Tully'sのT'sアイスクリームをいただきました。フレイバーが選べましたので、『桜&あずき("SAKURA" and sweet bean)にしたっす。会社でアイスクリームを食べるなんて滅多にない、たぶん4年ぶりくらいっすが、新鮮な美味しさがあるっす。

晩は香妃園@六本木三丁目へ。名物の鶏煮込みそば(1.365円)は、とにかくスープが旨すぎっす。コラーゲンたっぷりなんでしょうか、スープの表面に膜が張るっす。もう一つの名物、ポークカレー(​1,050円)は蕎麦屋のカレーを思わせるタイプの旨さっした:P  他に海老春巻(細長いやつ2本で840円)もオーダーしたっす:P




夜は、長男が一人暮らしするマンションに泊めてもらったっす。飲んだり、食ったり、しゃべったりして、真新しいソファで寝たっす。朝5時過ぎに目覚めて、ベランダから泉ガーデンタワー(写真構図で右側)を望む。ビルの影に隠れるように佇む東京タワーが可憐で可愛いっす。首都高速のくねった高架に機能美を感じるっす。

長男はバイトってことで朝一緒に部屋を後にして、六本木一丁目駅へ。僕はカオスとパッションが基本的には好きなんですが、一方で視覚は理路整然としてるものを好む自分がいるっす:D

帰宅してしばらくで湘南藤沢も雨がザーザー降りだしました。風がめっちゃ強くて、一時はお日様も出てすっごい明るいのに雨、キツネの嫁入り状態だったっす。雨ってことで、youtubeでCarpentersの"Rainy Days And Mondays"を探して聴いてら、このリンク先はCarpenters 100曲をエンドレス、シャッフルで聴ける優れものっす。いいね!
carpenters 100
carpentersを聴きながら、韓国の伝統的宮廷料理の参鶏湯をいただく。実家から送ってきたレトルトがあったので。高麗人参や栗、ナツメも入ってて滋味満点、めっちゃ温まったっす:P

夕方には雨、上がりました。ところが夜にはまた雨。変なお天気っす。 

家で盛り上がるってどんな?^^

イメージ
3/28(wed)朝、存在感たっぷりのお日様っす。今日の売上計画のロングミーティングに相応しい、好感度の高いお天気っす。大学の時の競技弓道で、立ちに入る時の「ぜぃっ(いくぜ!の短縮形)」「ぅおぅ!」の心境っすね:D

通勤途中、vie de france cafe 溜池山王店でBF。クロックムッシュのサラダセット、399円っす。モーニングセットは369円(たぶん)なんだけど、30円プラスするとサラダが付いて、さらに無料でゆで卵かバナナをいただくことができるっす:P

3/29(thu)の朝、前日はチョッピリ早く会社をあがって23時前には帰宅したんだけど、家で盛り上がって就寝時間はいつもと同じだったっす:D 『家で盛り上がるってどんな?^^』とご質問いただきましたが、家内と二男とでしゃべくり絡んだだけっす:D もっと具体的に申し上げると、二男とジャンケンして、どっちが先にお風呂に入るか、負けたらコンビニ買い出しとか、そんなレベルの盛り上がりっすww

夜、新ばし 鳥之介@新橋三丁目へ。新規開拓で、特に事前の情報もなく、ふら~っと入ったお店っすが、好感のもてる雰囲気のお店でした。雰囲気ってのは、もちろんお料理はベースにありますが、居心地の良さが一番のポイントっす。接客、話しやすさ、席やテーブルのレイアウトなどなど。要は、コミュニケーションが弾むための要素っすね。




その後、Bar GAN@銀座8丁目へ。一軒目が盛り上がったので、もうちょうっと深めたいと思っての訪問だったすが、お連れは速攻で完落ちしてたっす:D

3/30(fri)、温い風が強く吹く3月も終盤、世は年度末や新しい年度の準備でバタバタしてるっす。当社は8月決算ですので下期に入ったところっす。


ランチはcafe LUME@六本木一丁目で、シンガポール風やきそばっす。所謂やきそば麺とビーフン麺のコラボ。チョッピリスパイシーで、パクチーとライムの香りがアジアンテイストっす。

ランチの帰り、泉ガーデンギャラリーの上にある公園でお花見。たぶん梅っすね。梅と桜の決定的な違いは、1つは花びらの形、もう1つは花の付き方っす。花びらの形は遠くて分からないけど、花の揺れ方を見るに、たぶん梅だと思われるっす。


ビールジョッキの底が抜けたのだ!

イメージ
3/26(mon)の朝も良いお天気っした。でも、コートを脱ぐには、まだ空気が冷たいっす:D 昨日の強風下でのお散歩で気になっていたアレルギー反応はありません、大丈夫っす!

朝の泉ガーデンタワーも凛々しいコントラストっす。このガラス張りのビルは、前職のリクルートを思わせるものがあるっす。また、ナチュラリープラスのマークは正方形が45度傾いた青をベースにしたもので、これもリクルートのカモメマークを彷彿させます。

夜、会社の自販機で缶のコーンスープ買ったら、Happy Canが当たったっす。缶を開けたら、リストウォッチが。コカ・コーラの自販機販売50周年記念キャンペーンらしいっす:D


夜は竹やん@六本木三丁目へ。いろいろと興味深くお話を伺いながら、意見交換。いろーんなお話をしましたが、心許して話す、その行為、気持ち、決心、そういったことが何を語るか以上に大切だと思うっす。事業の最前線においては今、ダイバシティにどう向き合っていくか、そこが大きなポイントだと僕は思っているっす。お店を後にしての帰り道、いつもと違うアングルの泉ガーデンをパチリ!




3/27(tue)、キレイな朝焼け、朝日が顔を出す位置がずいぶんと北寄りになってきたっす:D

この日のランチはDining & Lounge Opera@六本木一丁目へ。最近はあまりお邪魔してませんでしたが、12時justくらいに行くと、さすがに大賑わいっす。今日の日替わりは豚肩ロースのグリル ジンジャーソース、平たく言ゃあ、豚ロース生姜焼きっすね。サラダバー、ドリンクバー、デザートはバナナムースのチョコレートソースかけで1,000円っした:P



夜、チェゴヤ@六本木三丁目T-cube店へ。連れの方のビールジョッキの底がいきなり抜けて、テーブルの上がお料理ともどもビール浸しに!!:X 当然ながらお店は大変な恐縮振り、殆ど食べ終えていた料理をもう一度作りなおしていただいたっす。気持ちはありがたいが、お腹いっぱいっす。でもお代も半額以下にしていただいたので、まぁ、良しとします:P





空-桜-海-富士- - -そしてハンバーグとカレーっす:P

イメージ
3/24(sat)のステキな夕焼けっす。雲の迫って来る感じがめっちゃ力強くて、心が動くっす。こういう構図は思いつかないし、描くのも難しいっす。自然ってすごいっす。

夕飯の後にテラスモール湘南で買ったnou-brand(農ブランド)の1カットロール、フルーツミックスを食べたっす。首都圏にいくつかお店ありますが、本店は名古屋なんですね。僕も名古屋生まれの名古屋育ちっす。

3/25(sun)の朝、キタ───(´∀`)───っす! "ザ・春の朝"、来たっす。ベラボーにあったかいっす! 日中はちょっと風があって、あまり気温が上がらないとのことですが、テンションは上がるっす。 この日はとっても良いお天気だったので、ランチを挟んで3時間ほどブラブラ鵠沼界隈を散策したっす。何気に歩いていると思いもかけない光景に出くわしたりして、感激するっす。
日中は美容院 マチュア@藤沢駅南口へ。おすすめに従ってヘッドスパをやっていただいたっすが、めっちゃ気持ちいいっすね。特に目のツボになっている首筋のところが、めっちゃ痛キモチよかったっす。
いいお天気なので、鵠沼海岸まで散歩。下藤が谷ポンプ場あたりの川沿いに一面の桜の花、めっちゃキレイ。むこうに見えている黄色い花は菜の花で、これもかなり広い範囲に咲き乱れていたっす。春っすね:D
お昼はKABTOS cafe@鵠沼海岸駅前へ。originalデミグラスハンバーグ、十数種類のスパイスと秘伝のつなぎ方法を駆使してるそうで、焼いてないんじゃないかと思うくらいふっくらっす。脇のスープとサラダもめっちゃ優しい味で大好き。ライスは十五穀米にしたっす、990円。
鵠沼海岸、富士山がめっちゃ綺麗っす。浪が高いっすが、サーファーは続々と沖に向かってたっす。海岸線はマジ風強かったっすが、無防備な状態で来てしまいました。明日のアレルギー反応が恐いっす:X
夕飯は前日に成城石井@テラスモール湘南で買ったsharwood'sの瓶詰カレールーを使ってカレー作ったっす。英国皇室御用達の激うまカレーってことで、facebookでお勧めいただいたものっす。瓶にはチキンを焼いて、20分煮込めば完成!って書いてあるが、時間もあるのでもうちょっと手間をかけたっす。
1.鶏もも肉(450g)を一口大に切り、塩・胡椒をしてちょい置いとく。 2.カレー粉(大さじ…

名古屋の喫茶店で豆菓子がついてくるわけ

イメージ
3/21(wed)、前日の晩は僕が唯一連続して見ているドラマ『Hungry』の最終回っした。チャンスは誰にでもやってきて、それに気付き、掴めるかどうかはその人次第ってなことを良くいうけど、足掻きようのないもの、自分が自分らしくあるためのものってのはあると思うっす。ってなことを朝の空を見ながら考えたっす。

3/22(thu)の朝も雲が多かったっす。肌寒さは残ってるものの、冷たい感じはなくなりました。暑さ寒さも彼岸までってことっすかね:D

朝、新橋の立ち喰い蕎麦 ポンヌッフでカレーを食べた。こどもの頃に食べていたうちの実家のカレーは、とにかく具が多かった。特にジャガイモが多いので、凡そカレーのイメージからは程遠く、カレー味の肉じゃがの様相を呈していた。小学生だったある日、服部君の家で晩御飯をよばれることになったのだが、その時出てきたカレーは衝撃的だった。所謂英国カレー風のシャビシャビなスープ状のものだったからだ。さらに衝撃を受けたのは、服部君の親父さんはそのカレースープをスープ皿に盛って、ライス無しで完璧にスープとして飲んでいたことっす。子供心にはスープを飲んでいるように思ったけど、たぶん完全に英国風ではなくて、ジャガイモやタマネギ、ニンジンなどの具は形として残っていたと思う。シチューみたいな扱いだったんだと思うっす。

この日、名古屋に転勤したお友達がfacebookで『さ、珈琲飲んでもう一踏ん張り。なぜ豆がついてくるんだろう。 場所: コメダ珈琲/今池店』とつぶやいてたんですが、名古屋でコーヒーに豆がついてくるのはごくごく普通っすよね。なぜコーヒーに豆かと言うと、昭和30年代、名古屋にはヨコイピーナッツという会社があったっす。当時はピーナツの薄皮をむく機械が登場して生産量がグンと増え、その売込み先が喫茶店だったっす。なぜ喫茶店だったかと言うと、この頃に名古屋では喫茶店がどんどん増えてて、喫茶店も他店との差別化を常に考えてたっす。当時は砂糖がまだ高価で、コーヒーに入れる砂糖の量が少なくても甘さが引き立つようにと、塩味のついたピーナッツを出したのが起源、と聞いています。昔は喫茶店の各テーブルに10円入れてハンドルを回すと豆が出てくるガチャガチャみたいなのもあったし、その後はおみくじや干支占いくじや占星術くじがテーブルで10円入れて引けるのもよくあったっす。名古屋の喫茶店が小倉…