2012年11月25日日曜日

World Leadership Invitation 2012 - Las Vegas その⑦


【11/21(wed)】
コミットあり、豪華賞品抽選あり、旅程振り返り映像ありのフェアウェルパーティーを盛会のうちに終え、スタッフミーティングからの荷造り、シャワーで現在深夜の2時半過ぎっす。3時半から順次復路に就く皆さまを見送り、我々の班は5時半にホテルを出発っす。ロス経由で成田は明日金曜の夕方っす(^-^)/ m&mのマープルチョコは、会社のマークや"WLI 2012 Las Vegas"などの刷り込みとともに、これを受け取られた方々のお名前も打ち込まれているものっす(^-^)/

【11/22(thu)】
5時半に皆さんに見送っていただいてホテルを離れたっす。本当にお天気に恵まれた、あっという間の6日間だったっす。

往路と同じく、国内線でベガスからロスに向かい、国際線に乗り換えっす。

機内では二度の食事。いずれも和食をいただきました。ほっけが美味しかったっす!(^^)!

【11/23(fri)】
成田に戻って、成田エキスプレスで湘南に向かってます。往復とも、ストレスのない大変快適なフライトっした(≧∇≦)

6日間で特徴的だったのは、お酒の量が半端なく少なかったことだ。渡米当日はハンバーガーと一緒にギネスを1本飲んだだけ。2日目はウェルカムパーティでライトビールの小瓶を2本、3日目はHootersに行ったので、バーボンソーダを5杯くらい飲んだけど、4日目はフェアウェルパーティで乾杯のシャンパン1杯のみ。ついでながら、僕は飛行機の中では殆ど飲まず、今回の飲んでいないので、本当に酒量の少ない1週間でした。あと、テレビは一切見なかったっす。いつもなら観る飛行機往復のSKYチャンネルの映画とかも観なかったっす。特段の役割があるわけではありませんが、世界最高峰リーダー・CFCメンバーの皆さまと旅程をご一緒させていただいたことも、普段とは違った緊張感のある旅だったことは間違いないっす。

【11/24(sat)】
ROUTE66で買ったドリームキャッチャーを寝室にかけて眠ったっす。今までドリームキャッチャーってのは素敵な夢をキャッチしてくれるものだと思ってたけど、正しくは自分に届く全ての夢のうちで、悪いものは絡めとられて、素敵なものだけがスルーして僕に届く仕組みなんだって、ガイドさんに教えてもらったっす^_^ もともとインディアンの娘がクモの命を助けてあげたところ、クモが恩返しに枕元に糸を張って悪い夢を絡め取ったという伝説がいわれです。と、これもガイドさんの受け売りっすが!(^^)!

久しぶりの日本は爽やかな秋晴れっす。朝食はいただきものの手づくりバナナケーキと、地元patea gardenのフィナンシェをいただきました^ ^

4の時に愛用していた、創業1919年 宮内庁御用達の漆器 山田平安堂のiPhoneケース、5対応サイズが旅行中に届いたっす。アジア諸国には殆ど存在しない創業100年規模の日本老舗企業のNEXT100を、僕も応援してるっす(^-^)/

今日もステキな夕暮れっした。やっぱ日本の空の雰囲気が好きっす。非日常もステキだけど、日常あっての非日常ってことを強く思うっす^ ^

World Leadership Invitation 2012 - Las Vegas その⑥


【11/21(wed)】
朝、7時半頃から1時間ほど会員の皆さまとともにおしゃべりしながら朝食を摂ったっす。

午前は、wynnホテル内にある L.Vuitton, Dior, Chanel 3店のプライベートショッピングっす。一般のお客さまはいらっしゃらない特別なおもてなしは正直こそばゆいっす(≧∇≦)

全店見て回って、Vuittonで家内に財布を買ったっす。帰国後渡したら喜びとともに「ラスベガスからダンナ帰国。頼んでおいたもの以外に、お土産あり。度々、出張に行って欲しいなぁ〜^^;」とfacebookにアップしてたけど、うーん、度々は厳しいっす(笑)

10時に一行から離れて、稲葉さんを空港に迎えに出向いたっす。

お昼は稲葉さんとホテル内のValentinoでいただきました。ラスベガスでも有数のワインストックが魅力とのことで、ワインもいただきました^ ^

その後、稲葉さんとお話ししながら少し散策をし、道中で会社のみんなへのお土産を買ったっす。女子向けに、Bath & Body worksのanyi-bacterial hand gelを。もう、棚ごとざーーーって大人買いみたいな(笑) でも、全員分には足りないっす(>_<) 男子はチョコってことで('ー';ゝ

もうとにかく喉が渇くので稲葉さんと地ビールもいただいたっす。昼食~散策~ブレイクの時間を通して、主に事業計画に関する意見交換を長々と。いろいろな視点が刺激とともに湧き上がる、それも非日常のなせる業というか、影響が多々あったりするっす。オプショナルツアーでゴルフを堪能した林さんがちょうど戻っていらっしゃってこの店にいる僕らを見つけたので地ビールは3人で堪能したっす。


World Leadership Invitation 2012 - Las Vegas その⑤


【11/20(tue)】
この日はスタッフミーティングが21時頃からの開始と早かったので、夜は本場のHootersに行ってみたっす。どんなんか期待したっすが、日本のクオリティとさほど変わらないと思うっす^ ^

お腹いっぱいになったので、名越さん、林さん、高橋さんとともに夜の街をブラブラしてみたっす。んでこの日も就寝は3時ってことで。

現場と日本側の仕事の双方の一日を整理して次の日に備えようとすると、毎日就寝が3時前後、起床は5時半ぐらいが常だったっす。特に日米17時間の時差は大きいっす。こっちが休む時間に日本では物事が動いていく、ある程度リアルに関わることができる日本の午前、当方の夕方~夜の時間を有効にコミュニケーションしていかないと、時差の関係でどんどん結論が遅れて行く。とはいえ、夕方~夜はイベントやらパーティやらこちらとしても仕事的にはゴールデンタイムってことで。そんなこんなもあって睡眠時間は極僅かだったっす。でも気持ちが張っているからか、さほどの眠気は感じなかったっす。

World Leadership Invitation 2012 - Las Vegas その④


【11/20(tue)】
5時半起きでグランドキャニオンを目指しました。アリゾナ州に入り、Kingmanのの休憩を経て、間も無くROUTE66で有名なSeligman、日差しハンパないっす>_<

カーズの故郷へ。ROUTE66復興に尽力されたエンジェルさんのお店に名刺を残したっす!(^^)! かつてこのお店は床屋さんだったそうっす。お店の前で、名越さん、田嶋さんと三人で写真撮ったっす。甥っ子さんが営むお店の前にはカーズに出てくるような車がずらっと並んでたっす。

Canyon Starでランチ。リブのお肉が意外と美味しかったっす。が、基本的にすべての食べ物が大味ではあるっす(+_+)

グランドキャニオン、圧巻っした。初めて北米・サンフランシスコでゴールデンゲートブリッジを見た時、「写真と実物は全く違う!」と感じたのと同じスケールの大きさっした(≧∇≦) もう、世界に包まれてしまうその感覚は、自分の存在の小ささと自然に対する畏敬や感謝が溢れて止まないっす(=^・^=)



日の入りが早く、17時には真っ暗っす。あたり一面は砂漠で唯一の光は夕焼けっす。その砂漠に電気をどこかに届ける鉄塔が力強く立ち並んでいるっす(`_´)ゞ

バスの中から、ライトアップしたフーバーダムもちょっぴり見えたっす。