尾張名古屋は城でもつっす!(^^)/

【9/15(hol)】名古屋城を臨んでの朝。天守閣にのった金の鯱は、倒幕の折に尾張が態度を明確にしなかったことで、徳川権力の凋落の見せしめとして全国各地を引き回されたと聞きます。名古屋の気位の高さ、あるいはやせ我慢の精神はそういった歴史と関係があるのでしょうか。因みに「尾張名古屋は城でもつ」は、「伊勢は津でもつ、津は伊勢でもつ 尾張名古屋は城でもつ」と三重県伊勢地方の民謡「伊勢音頭」にも歌われたフレーズからきています。「もつ」とは「保つ」の意味で、「尾張の名古屋は名古屋城のおかげで保つ、つまり繁栄している。」ということです!

ナチュラリープラス、プラチナワンデー in 一宮だん。1,000名会場の一宮市民会館は温かみに溢れました。もう幾度もこのイベントにご一緒させていただいていますが、毎回刺激と愛情と友情に満ちた確信を皆さまからたっぷりいただいています!(o^^o)

アフターで尾張一宮の江美へ。いつになくお喋りに夢中でお食事の写真はこの茄子の煮浸しだけです。とても有意義な時間を過ごしました!

【9/16(tue)】本日も好天、好日。名古屋の熱気に包まれたままに、一路うどん県香川に向かいます。すべきこと、したいことが打ち上げ花火のように次々と頭の中でフラッシュしてます。電車の長旅道中で整理します!(`_´)ゞ

懐かしい!名古屋徳川町、地雷也の天むすが駅の売店にあったので新幹線で食べた。天むすは僕が幼少の頃にはなく、大学を卒業した頃から見かけるようになった。調べてみると、昭和32年に三重県津市の「千寿」の賄い料理として考案されたのが始まりで、後に昭和55年、不景気のあおりを受け廃業した名古屋市の藤森時計店の妻 藤森晶子さんが、娘が幼い頃に海水浴に連れて行った津で偶然食べた天むすを思い出し、これを商売に出来ないものかと思い、粘り強く交渉した結果「千寿」の暖簾を分けてもらったとのことです。

瀬戸大橋を渡り香川に入りました!WLI2015 in Sydneyの四国決起大会は、CFCマスター×3ポジションの駒井さんのセミナーで会場のテンション、パッション、インスピレーション弾けてます!o(`ω´ )o

お昼はめっちゃ久しぶりに高松駅のロッテリアへ。川越シェフのナポリタンバーガー食べた。スパゲティドッグ、焼きそばパン、モダン焼き、カレーライスなど、炭水化物+炭水化物はB級グルメの極みですね。ポテトが付いたらもう糖質の嵐っす!(≧∇≦)

帰りのフライトまで時間があったので、空港内の讃岐うどんのお店で会社のみなさんと呑みました。名物?のしょうゆ豆コロッケもいただきました!(^^)/

【9/17(wed)】今日は17期初回のグローバル経営会議。今回は試みとして香港サイトが会議のオーナーポジションを担当し、日本も諸海外サイト同様にテレビ会議での参加となります。終日を通してのテレビ会議は初体験です!(`_´)ゞ

【9/18(thu)】朝の東海道線、4?5,000名程を乗せて最高時速120kmに至る15両編成が、3分おきにじゃんじゃんやってくる。もはや状況的には動く歩道に限りなく近い。『山手線を一周つなげて動く歩道にしちゃえばって誰でも一度は考えますよね?』ってコメントいただきましたが、ある、ある!速度の違うコンベアを何重にもしてね。両側は遅くて、中心ほど速いんだよね!