2013年11月23日土曜日

ポールマッカートニー ”Out there JAPAN TOUR”@東京ドームっす!

【11/18(mon)】ポールマッカートニー ”Out there JAPAN TOUR”@東京ドームっす!オープニングからアンコールまで休憩も給水も無くぶっ通し、3時間を歌い切る体力は71歳とは思えないっす。特にBeatlesやWingsのナンバーはヤバいっす。中高時代の青春ど真ん中にどっぷり引き戻されるっす。それもライブ! ポールの生声! まじ、泣けるっす!(※公演の写真撮影は携帯電話やipadなどはフラッシュ不使用ならOK、但し動画はダメっす)

1. Eight Days A Week 【Bealtes For Sale】(1965年)
2. Save Us 【New】(2013年)
3. All My Loving 【With The Beatles】(1964年)
4. Listen To What The Man Said 【Venus And Mars】(1975年)
5. Let Me Roll It / Foxy Lady 【Band On The Run】(1973年)
6. Paperback Writer 【Single、Past Masters】(1966年)
7. My Valentine 【Kisses On The Bottom】(2012年)
8. Nineteen Hundred And Eighty Five 【Band On The Run】(1973年)
9. The Long And Winding Road 【Let It Be】(1970年)
10. Maybe I’m Amazed 【McCartney】(1970年)
11. I’ve Just Seen A Face 【Help!】(1965年)
12. We Can Work It Out 【Single、Past Masters】(1965年)[
13. Another Day 【Single】(1971年)
14. And I Love Her 【A Hard Day’s Night】(1964年)
15. Blackbird 【The Beatles(White Album)】(1968年)
16. Here Today 【Tug Of War】(1982年)
17. New 【New】(2013年)
18. Queenie Eye 【New】(2013年)
19. Lady Madonna 【Single、Past Masters】(1968年)
20. All Together Now 【Yellow Submarine】(1968年)
21. Lovely Rita 【Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band】(1967年)
22. Everybody Out There 【New】(2013年)
23. Eleanor Rigby 【Revolver】(1965年)
24. Being for the Benefit Of Mr. Kite! 【Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band】(1967年)
25. Something 【Abbey Road】(1969年)
26. Ob-La-Di, Ob-La-Da 【The Beatles(White Album)】(1968年)
27. Band On The Run 【Band On The Run】(1973年)
28. Back In The U.S.S.R. 【The Beatles(White Album)】(1968年)
29. Let It Be 【Let It Be】(1970年)
30. Live And Let Die 【Single】(1973年)
31. Hey Jude 【Single、Past Masters】(1968年)

アンコール1回目
32. Day Tripper 【Single、Past Masters】(1965年)
33. Hi Hi Hi 【Single】(1972年)
34. Get Back 【Single】(1969年)

アンコール2回目
35. Yesterday 【Help!】(1965年)
36. Helter Skelter 【The Beatles(White Album)】(1968年)
37. Golden Slumbers/Carry That Weight/The End 【Abbey Road】(1969年)

もう、何を語ればいいのだろうか。すべてが刺激的であり、郷愁のるつぼっす。若くして一世を風靡した、それもハンパない規模で、世界を動かした第一人者が演ずるこのステージは僕にとっては筆舌に尽くし難い。では、ポールにとってはどうなんだろうか。長い年月を経て、そこには達観するような世界感が生まれたのだろうか。僕の感激なんてちっぽけなもので、そんな大きな苦悩や悟りみたいなものに是非とも触れてみたいっす!(^^)/


開場前にご一緒した4人でBaseball cafeに集合、もう始まる前からテンションMAX、終了後も仕事の話をメインに延々と語りつくしたっす!(^^)/