2014年の年忘れと2015年への決意と

【12/25(thu)】絵画、写真、そして映像であっても、それはある瞬間をある構図で捉えたものにしか過ぎない。なぜその時間をそのアングルで切り取ったのか、そこには表現しようとする者の意図がある。このことは情報編集全般、つまり報道にあっても同様だ。ゆえにそれを受け止める者の解釈する力が問われる。

溜池の居酒屋、むさし坊 赤坂溜池店にふらっと寄って話し込んだ。1時間ぐらいのつもりが3時間ぐらい。帰りはクリスマスと忘年会の雰囲気隆々の東海道。吊革と立ち位置を支点として宇宙ゴマのようにグルングルン回っていたおじさんは、藤沢でがっつり空いたヒーターで温まったシートに身を埋めた。熱海行き絶対確実の様相っすが、せめてお風邪を召しませんように!(>人<;)






【12/26(fri)】いよいよ今年も最後の営業日となりました。会社業績は皆さまのお力添えによって、劇的な結果や兆しが生まれ、来年のオペラハウスに向けて気を緩めることなく精進を続けるというドライビングな状況です。プライベートな方は明日からのお休みでゆっくり一年を振り返ろうと思います!(o^^o)

所用で神谷町に出たのでランチは麻布台のレゾー オランジュ(Reseau Orange)へ。フランス好きのスペイン人が開いたお店というコンセプトの欧カフェ&スペインバルにて、こてこての日本人シェフにポークノルマンドを作っていただきました。この料理、ソテーした豚ロースを白ワインやデミグラスクリームソースでリンゴといっしょに煮てあります。僕は、酢豚のパイナップル、ポテトサラダに入ったリンゴ、生ハムの下のメロンなど、食事にフルーツがコラボしてるのは実は苦手で、昨夜もリンゴとチーズのオーブン焼きってのを食べてみましたがやっぱいまいちでした。しかーし、このポークノルマンドのリンゴの立ち位置は素晴らしい!お肉を柔らかくするための食材かもしれないけど、程よく残った酸味がソースとマッチして good jobしてます。グレープフルーツとリキュールのゼリーに生クリームをのせたデザートも甘苦さが食後の役割を全うしてます!980円 (o^^o)


老子によれば、道(タオ)とは名付けることのできないものであり(仮に道と名付けているに過ぎない)、礼や義などを超越した真理とされる。つまり道(タオ)とは宇宙と人生の根源的な不滅の真理を指す。道の字は?(しんにょう)が終わりを、首が始まりを示し、道の字自体が対極にある二元論的要素を表している。そして老子とは特定の人物を指すのではなく、Great teacher すなわち偉大な先人全てを指すのだ!( ̄^ ̄)ゞ

夜、プロジェクトメンバーの皆さんと忘年会を新橋のあきないにて。忘年会とは日本に固有な年内の苦労を忘れるために年末に行われる宴会ってことです。しかしこの2014年という年を僕らは決して忘れることはないと思います。そして来るべき2015年は一層堅実なそしてダイナミックな前進を成し遂げ、さらに忘れ得ぬ一年にしようと思います!('◇')ゞ