世界遺産、飛騨高山 白川郷で思ったこと

【3/29(sat)】家内、次男、家内のお母さん、そして家内の妹家族4人と一緒に飛騨高山に行ってまいりました。まずは白川郷に向かい、合掌造が立ち並ぶ村内で営業する手打ちそば処 乃むらさんでもりそばをいただきました。白川郷産の蕎麦を石臼で挽いて二八にしたお蕎麦だそうです。良心的なお値段で美味しかったです!

世界遺産白川郷のお合掌造りが立ち並ぶ村落は思っていた以上に雰囲気がありました。春の陽気の中、アジア諸国からの観光客がいっぱいでにぎやかでしたが、厳しい冬の雪深い季節にはこの一帯がどんな雰囲気に包まれるのだろうか、そんな想像をしました。通信や放送が発達した現代は自分の感情や思いの深いところにあるものを掘り下げて向き合うことが圧倒的に少ないと思いますが、一昔前にはそんな機会ばかりが日常に満ち溢れていて、寂しさややるせない気持ちを紛らす祭りや器楽は必須だったんだろうと感じました。一方で強い気持ちは真摯に向き合うことから生まれるとも思っています。

高山には何度も来たことがありすが、白川郷は初めてです。思った以上にポカポカ暖かいです!(*^^*)

白川郷そして高山市内へ。行く先々でいろいろと食べまくりました。飛騨牛コロッケ、坂口屋の元祖 飛騨牛にぎり寿司、陣屋のみたらし団子、喜八郎の飛騨牛まん、どれもとっても美味しかったです。特にみたらし団子は外は炙ってあるのでぱりっとしてますが中はつきたてのお団子のような柔らかさでした!

本陣平野屋 花兆庵では旅行エージェントのクーポンで無料喫茶サービス。ミントティーをいただきました!