2014年8月5日火曜日

新規事業や新たなブレイクスルーに対しては競合参入障壁の視点を忘れてはいけないっす!

【7/30(wed)】夏のいでたちの彼女は情熱全開、全く衰えをみせないです!

大学の同窓会で先日ご一緒した渡邊正都さんが経営するGaston and Gasperの姉妹店、大手町のOrchestra Vinoに伺いました。棚ウニがまるごとついた、生ウニのトマトクリームパスタをいただきました。1,770円ですが、11:30?12:00来店の先着5名は1,230円です。正都さんご本人ともお会いできました!(o^^o)

いろんなテイストのラムネ!面白ーーーい!(^^)/

【7/31(thu)】7月末日の朝。激しいセミの鳴き声に包まれると夏を強烈に感じる。夏の思い出は色々あれど、やっぱ幼少期のノスタルジアが強い。学校や市営のプール、プールサイドで売ってた赤味噌たっぷりのこんにゃくおでん、駄菓子屋に大きなボウルを持って行って山盛りかいてもらったかき氷、屋台を引いた麦藁帽子のおっちゃんが売りに来た舟形のモナカ皮にのったわらび餅などなど。食べ物の思い出、多!(笑)

朝の通勤時は新橋の丹波屋で天もりをいただきました。こちらに立ち寄ったのは初めてです。

夜は六本木でしゃぶしゃぶ。ここ数日の情報収集について一旦視界を合わせ、今後の検討ポイントを決めていく。さらに視点が広がりながら意見は発散していく。ブレイクスルーポイントを求めながら、と同時に何度も収束点を確かめながら、少しずつ前進していきます。何事もそうなんだけど、発散と収束を短時間に繰り返しながら議論を進めることは大切だと思う。ともすれば発散のみで夢は大きいものの現実味ある設計がないという結末は良くあることだ。とはいえあまりに現実的な議論をしてしまっては何も新たなものは生まれない。特に既に存在するもしくは今後の新規競合プレイヤーに対して何をもって参入障壁とするのかというポイントは往々にして議論から漏れがちだ。

【8/1(fri)】夏本番の日差しとともに、最近の彼女はまるで秋のような涼しげな表情を見せている。今日から8月、いよいよ当社の年度最終月。一年間積み上げてきたものを一旦仕上げて総括するとともに来期に向けての準備と助走がスタートする、熱い夏の到来です!

お昼はPRONTO IL BAR@ウイング新橋でナポリタン!昔、名古屋の喫茶店でよく食べたナポリタンを彷彿させる熱々の鉄板と薄焼玉子。粉チーズとタバスコはたっぷりが好き。でもなぜ数量限定なんだろう?鉄板の数が限られてるとか?ちなみにPRONTOに聞いてみました!『ナポリタンは仕込みに時間を要する商品となっておりますので、数量を限定して販売させていただいております。』とご返事いただきました!要は手間がかかるっちゅうことですね。混雑時は作為的に本日分を終了にできる作戦でしょうか?

8月に入って空気の質が変わったのか、見上げるビルの景色の雰囲気が違って見える。単に見る側の意識の問題かもしれないけど(笑)

夜は先日のプロダクトフェア@東京サロンの打ち上げと髙橋サロン長の送別会。何の経験の基づいていなくてもやると決まる心が大切だということ、残された者たちは受け止めたものを自分なりに将来に伝える責務があるという二点についてお話させていただきました。