2011年9月18日日曜日

夏の終わり、秋とのハーモニー

9/12(mon)、朝、ベランダに出てみると、雲が変わった形をしている。友人から、昨日・今日あたりで大きな自信の可能性があると聞いていたので、地震雲か?と思ってしまう。調べてみたけど、地震雲っていろんな形もあるし、勿論、科学的根拠を問われると分からないことも多いんすよね。今週は夏から秋への移り変わりを空を鑑賞しながら思ったっす。

同じく9/12、泉ガーデンタワーにて。先週の秋の予感を完膚なきまでに打ちのめすかのような陽射しっす。秋、ちょっと後ずさりしてる感じっすw

翌朝9/13(tue)の空は紺碧でした。若干の筋雲がありましたが、美しいアクセントになってました。この素敵な空は、多くの皆さんに「いいね!」っておっしゃっていただけました。

9/14(wed)の朝、空は完全に秋のものとなっている。が、まだまだ残暑は厳しい。

その日の夕方。渋谷の喧騒の遥か彼方に、静かに夕陽が佇んでいるっす。こういう雰囲気には、夏の匂いがまだ強く残っているっす。

渋谷から六本木のオフィスに戻って明け方まで仕事。夜を迎えてライトアップを終了した東京タワーが、夜半に再び真っ赤に染めあがったっす。「点検でしょうか、ご苦労様です。僕ももう少し頑張ります。」とコメントしたら夜中にもかかわらずresをいただきました。みなさんも遅くまでご苦労さまです。

9/15(thu)の朝。睡眠2時間半を奮い立たせる、相変わらずの爽やかさ。

ほぼ徹明けにもかかわらず、朝から11時間ぶっ通しのミーティング! 体力勝負っすね、智力以上に。この日は前日とはちょっと違った感じに編集してみました。ぐったり疲れている感じが、編集の方向性に反映している気がするっす。

9/16(fri)朝の空っす。「夏と秋の出逢い」と名づけよう。五木寛之氏の作品なら、「四季 夏子と秋子」みたいな :D

同じ日、通勤の途中での空。雲を竹箒で掃くことができたら、こんな空になりそうっす XD

その日、帰宅時のJR新橋駅ホーム、湘南ライナーが通過中。みんなは家路を急ぐのか、次の約束に向かうのか、まだまだお仕事中なのか。世の中は翌日から三連休っす :D

9/17(sat)は黒雲と太陽が目一杯ガチンコ勝負。西日本は沖縄あたりに停滞する台風が送り込む強烈な南風と、夏を主張し続ける太平洋高気圧のバトルの影響で大雨が続いている。東日本も雨模様の予報だが、太陽、めいっぱいやる気を見せてるっす。

9/18(sun)、陽射しは真夏の存在感たっぷりな強烈なものっす。でも、風は秋の主張を感じるものです。お互いのでっかい力の前に人間の力の小ささを思うっす。